report

2012年03月19日 15:42

京都の一棟貸し宿「古今燕」

Report TOP > CREWからのお知らせ

デザインコミニケーション学部デザインコミニケーションコース、
桜の園コースの伊藤さんと音無さんら有志による
京都の一棟貸しの町家が正式にオープンしました。


古今燕は5人まで泊まれる宿でもあり
20名ぐらいのイベントもできるスペースです。

桜の季節も近づいてきましたので
金閣寺など北西方面の行楽の際に
利用してみてください。

【古今燕(こきんえん)】
京都市北区紫野北舟岡町27-84
http://www.kokinen.com/
建物の写真
http://on.fb.me/AuzKWy

【周辺の解説】
築70年ぐらいで、西陣の帯作家の数寄者が趣味で建てた
各部屋が茶室仕様の町家で庭もあり、18帖の地下室もあるそうです。

場所は、メジャーな観光地から離れた
北西部、大徳寺の近く船岡山のふもと。

大徳寺は庭も有名ですが、千利休ゆかりの禅寺でもあり
月に3回一般の人も参加できるお茶会が催されています。

近くに、船岡温泉という文化財登録の銭湯や
銭湯を改装したカフェがあり
空き家に新しいお店が入ってくるなど
京都で新旧の文化を体験できるエリアとのこと。

【作品募集】
備品を少しずつ縁のあった作家の方に制作してもらう
形にしています。

器、敷物、照明、美術作品、置物、掛け軸など
建物に合いそうな作品ぜひご連絡ください。

例)キッチンテーブル 鉄作家:岩田朋子
http://on.fb.me/zeNWgx

【古今燕の利用方法】
・宿泊(5人まで自炊可)
・展示会、イベント、茶会
・撮影

⇒連絡先
古今燕
運営メンバー:伊藤(デザイン2期)音無(デザイン4期)鈴村
http://www.kokinen.com/
http://www.facebook.com/kokinen
info@kokinen.com
090-8448-9782


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP

2011年08月22日 14:30

セガ源平大戦絵巻×給湯流茶道 茶会レポート

Report TOP > CREWからのお知らせ

デザインコミュニケーション学部の桜の園1期の谷田さんより、
イベントのレポートです。

*****

桜の園で立ち上げたプロジェクト「給湯流茶道」と、
デザイン学部7期新小田さんお勤めのセガの
コラボ企画で「茶会」を行いました。

*****

「茶道」 というと、どんなイメージが浮かびますか?

一般的には、着物を着た上品なおばさま方が畳の部屋で正座し、
ゆっくりおごそかな動作でお茶を飲むといったものだったりします。

しかし、茶道が確立された利休の時代、
茶会の主な参加者はサムライだったのです。

斬った斬られたの戦乱からしばし離れ、凛とした空間の静けさを
楽しみつつお茶を飲みリフレッシュしたのです。

利休から400年。
現代のサムライといえばサラリーマンとOLです!
不況やリストラ・・現代の下克上社会で戦う彼らこそ
今、お茶会をすべきと考えました。

スクーリングパッドデザイン学部、日本伝統文化コース「桜の園」
一部有志で立ち上げた給湯流茶道は、サラリーマンとOLへ向け
「給湯室でお茶会をしよう!」という提案をする新しい流派です。

今回、「給湯流茶会」をやらせていただいたのは、
デザイン学部7期新小田さんがおつとめの、(株)セガの給湯室!

PHOTO1セガ_DSC8199.jpg.JPG

▲茶室(給湯室)入室を待つセガ社員のみなさん

セガは源平合戦をテーマにしたiphone 、ipadゲーム
源平大戦絵巻」をリリース。

zuhan.jpg

「戦う人に茶道を」とスローガンをかかげる給湯流にぴったりのゲーム!
ということでゲーム開発にかかわったみなさんに
茶会を開くご提案をした次第です。

利休の時代、秀吉など武士は茶室に入る前に刀をはずしました。
武士も商人もお茶の前では平等で、という精神です。

給湯流では、IDカードを「茶室」(給湯室)に入る前にはずし、
会社の肩書きをしばし忘れよう、という作法があります。

PH2セガ_DSC8228.jpg.JPG

▲スニーカーの上にピンクのIDカードをおいて、
靴下で給湯室に入室してくださった女性社員さん。

抹茶では、茶葉を直接粉にしたものを飲めるため、
カフェインの量はコーヒーより多く感じられ、
飲んだ後は目がさめ頭がシャッキリします。

鎌倉時代に抹茶が日本に伝わったときも、
当初は禅僧が修行中に居眠りをしないために
飲んでいたそうです!過密スケジュールで働く
ゲームクリエイターのみなさまにもぜひ飲んでいただきたいと
裏メッセージもこめました。(栄養ドリンクより安いですし!!)

PH3セガ_DSC8230.jpg.JPG

給湯流茶道では、給湯室にOL必須アイテム?
ヨガマットを敷いて正座します。

室町時代に足利氏の立派なお城などで
華やかに行われていた茶会は、
利休たちが考案した2畳や3畳の狭い茶室で飲む
「侘び茶」へ進化していきました。

あえて狭い空間では人と人の距離が近まり、
いい緊張感をもって茶会が開けると考えられたそうです。

ふだんはさっさとお茶を入れて立ち去る給湯室も、
正座をしてみると緊張感のある空間にさまがわり!
まるで利休がつくった茶室のようにみえてきます!?

また、利休や秀吉たちがつくりあげた茶道では、
漁師がつかっていたカゴに花をかざったり、
朝鮮で普段つかわれていた茶碗でお茶を飲むなど、
茶会のために作られたわけではない道具から
「侘び寂び」を見立てる文化があるそうです。

スクーリングパッド「桜の園」講師、山本豊津さんが
「給湯流を名乗るなら、そういった茶道のゲーム性、ルール性を
理解して取り入れるとおもしろいよ。」とアドバイスをいただきました。

PH4_セガDSC8262.jpg.JPG

そこで給湯流では、普段給湯室でつかっているコーヒーカップを
茶碗に見立てたりします。こちらは、3つの根っこ?をもつコーヒーカップ。
銘「PLAN DO SEE茶碗」です。
(サラリーマンが企画書を書くときつかう用語をとりいれました。)

茶会の最後は、ゲーム「源平大戦絵巻」イメージキャラクター虚無僧の登場です!

PH5_セガDSC8290.jpg.JPG

以上が茶会レポートです。

「オレの職場の給湯室でも茶会をやってほしい!」などご要望がありましたら
給湯流 info☆910ryu.com までご連絡お願いします。(☆を@に変えてください)

源平大戦絵巻
http://emaki.sega.jp

写真/西端真矢
http://www.maya-fwe.com/

給湯流
http://www.910ryu.com/

文責/給湯流 谷田半休


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP

2011年07月28日 11:05

『チャイムが鳴り終わるとき』

Report TOP > CREWからのお知らせ

映画俳優コース3期生のカトウシンスケさんより、ご自身が出演される舞台のご案内です。
同じく3期生の鹿野浩明さんと武本健嗣さんも出演されます。


いつもお世話になっております。

映画学部俳優コース3期のカトウシンスケです。
所属するオーストラ・マコンドーの本公演のご案内です。

同じ3期の鹿野浩明や武本健嗣も出演します。是非ご来場ください。

初脚本の長編映画『Lost & Found』で、オースティン映画祭でグランプリ受賞の他、
世界各国の映画祭で入賞し、『月刊シナリオ』に脚本が掲載され注目の荒井真紀を脚本に迎え、
キャストには、中村麻美さん(「富江」、「東京ゴミ女」、「せかいのおわり」)や
郭智博さん(「花とアリス」、「夜のピクニック」、「青の瞬間」)など映画でご活躍される
素敵な俳優さんを始め、水崎綾女さん、藤本七海さん、
そして、小劇場界を席巻する猛者達が揃いました。
オーストラ・マコンドーでしか味わえない時間を是非ご堪能ください。


オーストラ・マコンドー
3rdオーストラ
『チャイムが鳴り終わるとき』

作:荒井真紀
演出:倉本朋幸

音楽:碇英記
主題歌:MOGMOS

【出演】
郭智博
水崎綾女
藤本七海

梅舟惟永(ろりえ)
神戸アキコ(ぬいぐるみハンター)
白井珠希
後藤剛範(国分寺大人倶楽部)
松永大輔
鹿野浩明
武本健嗣
大石憲
伊佐美由紀
根本沙織
大森茉利子
小林そら
斉藤央
照井健二
植浦菜保子

カトウシンスケ
兼多利明

MOGMOS

中村麻美

【劇場】
吉祥寺シアター
(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-22)

【日程】
2011年8/10(水)〜14(日)
10(水)19:30★
11(木)19:30
12(金)14:30☆/19:30
13(土)14:30/19:30
14(日)11:30/16:30
★…プレビュー公演(3,200円<前売・当日共に>)
☆…平日昼割引(3,200円<前売・当日共に>)
※開場は開演の30分前です。

【チケット】
<全席自由・税込み>
前売 3,500円
当日 3,800円

ペア割引 前売6,400円(予約のみ)
高校生以下 前売2,500円/当日2,800円(要証明)

★プレビュー公演 3,200円<前売・当日共に>
☆平日昼割引 3,200円<前売・当日共に>

【ご予約】

http://ticket.corich.jp/apply/29058/shi/↑からご予約いただくか、直接カトウシンスケまでご連絡ください。

【お問い合わせ】
オーストラ・マコンドー
tel:090-6000-3959(アイザワ)
mail:info@austra.tv
web:http://www.austra.tv
ご連絡お待ちしております。


カトウシンスケ
www.botchism.com
twitter ID : shinbotch


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP

2011年07月15日 16:30

「8月はBEER FESTA ! 」

Report TOP > CREWからのお知らせ

レストランビジネスデザイン学部2期生でチーズ@ラボ主宰の佐野さんより
ワークショップのご案内が届きました。


レストラン2期の佐野加奈です。
場所はおなじみ、レストラン学部1期の山本&上吹越さんのニーヨンナナ食堂で、
「チーズとワイン教室」を7月からスタートしました。

7月はおかげさまで大盛況!

次回、 8月のテーマは「8月はBEER FESTA ! 」です。

20110711-BEER2.jpg


真夏限定。エビスもプレミアムモルツもラガーもおいしいけれど、いろいろ世界の
ビールを飲み比べて、自分好みの味わいをみつけてみませんか?

イギリスやドイツなど、ビールがおいしい国にも素敵なチーズはあるのです。

4〜5種類のビールとたっぷりチーズ、焼き立てパンをご用意しますので、
週末のランチにいくように気軽にいらしてくださいね。


「チーズとワイン教室in 246+1食堂」
日程: @ 8月7日(日)A 8月27日(土)
時間: 13:00〜15:00
場所: ニーヨンナナ食堂(渋谷区渋谷2-8-11 http://2461kitchen.com
定員: 15名
参加費: 3,500円
申込方法・お問合せ:
「名前」「人数」「スクーリングパッドのクラス」「当日の連絡先(電話番号)」を明記のうえ
(info.cheeselabo〇gmail.com)までお申込みください。
※〇を@にかえてメールください。

注意:教室の内容は@もAも同じです。ご都合よろしい方でお申込みください。

9月からは「フランスワイン」「イタリアワイン」「スピリッツ」などをテーマにする予定です。お楽しみに。


チーズラボWEBもよろしくです!
http://www.cheese-labo.com
246+1食堂(ニーヨンナナ)
http://2461kitchen.com/wordpress/

オフィスチーズラボ
佐野加奈(R2期)


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP

2011年07月13日 11:52

中津留章仁 Lovers Vol.4「黄色い叫び」

Report TOP > CREWからのお知らせ

映画俳優コース2期生の片山享さんより、ご自身が出演される舞台のご案内が届きました。
同じく2期生の高久ちぐささんと3期生の小林博さんも出演されます。


「寂れた田舎町に暮らす、若者たちの青春群像。」
中津留章仁 Lovers Vol.4「黄色い叫び」
@tiny alice[タイニイ・アリス/新宿]

出演
阿部薫 [TRASHMASTERS]
星野卓誠 [TRASHMASTERS]
小林博 [激弾BKYU]
瀬戸早妃
浦島三太朗 [昭和芸能舎]
高久ちぐさ
片山享
永井浩介
横谷豪紀
 
山崎直樹


会場

tiny alice[タイニイ・アリス/新宿]
http://www.tinyalice.net/
東京都新宿区新宿2-13-6 光亜ビルB1
03-3354-7307

1)
地下鉄丸の内線・都営新宿線 新宿三丁目駅 下車
C8出口から花園通り、仲通りで右折してすぐ

2)
JR線 新宿駅 下車東口から
新宿通りを四谷方向に10分程度

チケット  

料金 [整理番号付き自由席] 前売3800円 当日4000円

●[21日(木)、22日(金)公演のみ、前売 3000円 当日3500円]
開場5分前に整理番号順にお並びいただきましてのご入場となります。
開場時間後の整理番号は無効となります。
HP先行販売 6月4日[土]10:00 >> 8日[水]18:00
projectDREAMER
http://www.projectdreamer.com
一般販売  6月18日[土]10:00 より
projectDREAMER
http://www.projectdreamer.com
ローソンチケット
予約TEL 0570-084-003[Lコード:31383]
※関東地区24時間受付 [発売初日は10:00 AMより受付]
演劇 ・クラシック専用予約TEL 0570-000-407[10:00- 20:00]
お問合せTEL 0570-000-777[10:00- 20:00]


お問い合わせTEL
080-5676-9047[12:00〜22:00]


【タイムテーブル】
2011.7/21(木)〜7/31(日)
全13ステージ

7/21(木)19:00〜●
 22(金)19:00〜●
 23(土)14:00〜、19:00〜
 24(日)14:00〜
 25(月)19:00〜
 26(火)19:00〜
 27(水)19:00〜
 28(木)19:00〜
 29(金)19:00〜
 30(土)14:00〜、19:00〜
 31(日)14:00〜

●印の公演
21(木)、22日(金)公演のみ、
前売3000円,当日3500円
の割引価格となります。

開場は開演の30分前。未就学児童のご入場はお断りしています
開演後のご入場はご指定のお席にご案内できない場合がございますので
開演の5分前までには会場にお越しくださいますようお願い致します。

スタッフ

音楽:高畠 洋
舞台美術:福田暢秀
照明:畑田圭未[LIGHT UP]
音響:佐藤こうじ
舞台監督:白石 定
宣伝美術:中塚健仁
制作:小畑幸英


協力

トムプロジェクト
レプロエンタテインメント
エヌアンドエスプロモーション
トリプルエ―
JFCT
激弾BKYU
ギュラ
アドスタジオ401
昭和芸能舎
アニモプロデュース
オフィスジュニア
タイムリーオフィス

企画・製作

TRASHMASTERS
ラストクリエイターズプロダクション


初演パンフレット挨拶文より

こんな時期だけに
公演を行うか辞めるか、そこから考えて
やると決断してからは
それまで考えていた話を捨て去り
新しく物語を構築しなおした。
そもそも芝居自体、無駄な電力を使う訳で
やる意味がないものは辞めた方が良い。
むしろ辞めてくれた方が有り難い。
そういったものをやられても
芝居の、演劇の品格が下がるだけだ。
つまりこういう時だからこそ
作家の魂と、その真価が問われるのだ。

望むところである。

我々のような仕事は一見
人々の生活と身の安全があった上で
最後に成り立つ職業のように思えるが
被災地での子供たちはきっと
画用紙がなければ大地に絵を描き
音楽がなければ自ら歌を口ずさむ。
道具がなくても
ままごとなどのごっこ遊びを始める。
例え住む家がなくても
明日に不安があったとしても
人は芸術に触れられずにはいられない。
心を豊かにしようとする営みを忘れない。
私の敬愛する岡本太郎氏が唱えている通り
芸術とは生きることそのものであり
人間らしさを取り戻す最善の行為だと
私は信じている。
今回沢山の方々が被災し、お亡くなりになられたが
彼らを弔う気持ちと共に
生きている我々が今、彼らの分まで
人間らしさを取り戻さなければならない。
「生きる」ということの意味を知らねばならない。
結局私の一生など
それを探し求めるだけの
旅で終わってしまうのだろう。
そう、この芝居は私の日記だ。

観る者の血よ、騒げ。

この芝居を、
東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々
並びに被災した全ての方々に、捧げる。

中津留章仁


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP

▼過去の記事はこちらから
2012年11月 / 2012年10月 / 2012年09月 / ...

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.