アイピルの購入について

日本では個人輸入が認められるようになってから、アイピルを購入される方が、急激に増え続けています。アイピルは避妊の効果がある医薬品ですが、日本では、アフターピルとして知られているものと同じ成分が含まれています。

 

女性の中には妊娠が心配ということで、性行為の快楽に集中することができない人が多いようです。日本では子供を産んで育てることが年々苦しくなってきています。生活水準も多くの方が、下がりつづけていると感じているのではないでしょうか?

 

そのために妊娠=金銭負担と言うワードが直結しているのが現状です。望まない妊娠をしないためにも、確率の高い避妊方法が必要なのです。

 

アイピルは個人で購入する分なら、個人輸入が認められている商品であります。産婦人科などで処方してもらうと15000円ほどはかかってしまいます。

 

しかし、個人輸入なら、もっと安い価格で購入することができます。成分も日本の病院から処方されるものと同じ成分が使用されているので安心です。個人輸入でアイピルを購入すると、発送から到着までに1週間ほどかかってしまいます、それでは肝心の時に間に合いませんので、常備薬として持っておくことが大切です。

 

 


このページの先頭へ戻る